11/28、サイトのメンテナンスを行いました!表示に不具合がある場合、ブラウザのキャッシュ(履歴の削除)をお願いします。
スポンサーリンク

【MTGアリーナ】イベント解説!ジャンプスタート ヒストリックホライゾンとは?

MTGアリーナ
スポンサーリンク
MTG マジック・ザ・ギャザリング イニストラード:真紅の契りドラフト・ブースター 日本語版
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥12,800(2021/11/28 13:25時点)
原産国:日本

本ページの情報は、2021年8月〜10月にMTGアリーナ上で開催されたJumpstart: Historic Horizons(ジャンプスタート:ヒストリックホライゾン)のイベントを元にしています。

スポンサーリンク

イベント:ジャンプスタート ヒストリックホライゾン(Jumpstart: Historic Horizons)とは?

「JUMPSTART: Historic Horizons」は、JUMPSTARTイベントの Historic Horizons(ヒストリックホライゾン)版、になります!MTGアリーナ初のJUMPSTARTは2021年6月に実装され、同時にイベントも開催されました。今回は、その第二弾としてジャンプスタートのヒストリックホライゾン版のイベントが開催された、ということになります!

JUMPSTART(ジャンプスタート)のイベントは、本当に一言で表すなら「めちゃくちゃ簡易化されたリミテッド」と言えます。ドラフト、シールドで言えば、シールドの方が近いと言えます。この記事では、初めての方や初心者向けに、JUMPSTARTについて紹介、攻略します。

「JUMPSTART: Historic Horizons」 のパックは、他のブースターパックとは異なり、「土地込で20枚入り」のパックが入っているイメージになります。このパックをランダムな組み合わせから2個選びます。するとカードが計40枚になりますが、それがJUMPSTART用のデッキです!簡単ですね!ドラフトやシールドと異なり、デッキの調整は必要ありません。というより、デッキ調整する余地はありません!(正確には土地カードはパックには含まれておらず、2つのパックを選んだあとに自動的に土地がデッキに加わります。)

イベントでは2個のパックを選びますが、選ぶときにパックの中身はある程度分かるようになっています。JUMPSTARTでは、パックのことを特別に「テーマパック」と呼んでいます。なおテーマパックは、今回全部で46種類あります。1つのテーマパックの中でも、含まれるカードの一部はランダムになります。これらを2つ組み合わせてデッキにするため、かなり幅広いプールとなることが分かると思います。

なお、イベントの開催期間は以下の通りです。

  • 2021/08/16 ~ 2021/10/14
スポンサーリンク

「JUMPSTART: Historic Horizons」のカードは手に入る?どんなプレイヤーにオススメ?

まず、「JUMPSTART: Historic Horizons」 で入手したカードは全て手に入れることができます!イメージとしては、通常のリミテッドと全く同様です。ただし、JUMPSTARTのカードのほとんどがヒストリックフォーマット用のカードです。そのため、ヒストリック構築やヒストリックブロールをあまりやらないような、スタンダード構築プレイヤーにとっては、JUMPSTARTで入手できるカードが少ない、というのが事実です。補足ですが、JUMPSTARTのカードはワイルドカード(WC)を消費して入手することが可能です。そのためWCが余っているプレイヤーの方は、カードを入手する目的としてはイベントに参加する恩恵は少ないですね。

「カード入手」の観点での、JUMPSTARTまとめ
  • 「JUMPSTART: Historic Horizons」専用のカードを入手したいだけなら、WCカードを使えばOK。
  • ヒストリック、ブロールを行うプレイヤーは…
    • ある程度参加してカードを揃えることをオススメしたい。
    • ブロール用としては、各カードは1枚あれば十分なので、ある程度カードが満遍なく揃ったら、残りはWCを使うのが無難。
  • スタンダード専のプレイヤーは…
    • カード入手の観点では、あまり旨味は無し。イベントとして楽しみましょう!
スポンサーリンク

「JUMPSTART: Historic Horizons」のイベントは、初心者向け?上級者向け?

「JUMPSTART: Historic Horizons」のイベントは、「完全に初心者向け」と言えます。理由としては、勝敗が全く関係ないからです!1勝、2勝でレアカードの報酬はありますが、「何回負けてもOK」なのです。そのため、2勝するまで何度でもプレイ可能です。強いデッキリスト、弱いデッキリストは確かに存在しますが、勝敗だけを気にして強いデッキリストを毎回選んだ場合には、JUMPSTARTのカードを広く集めることができなくなる点には注意しましょう。それよりも色々なデッキリストを楽しみながらカードを集める、というのがイベントを楽しむ秘訣かもしれません。

初心者向けではあるのですが、前述の通り、JUMPSTARTイベントは入手カードが使えるフォーマットの観点から、「ヒストリック、ブロールをプレイするプレイヤー向け」でもあります。初心者の方の多くはスタンダードプレイヤーであることが多く、ヒストリックやブロールまでは手を出していないかもしれません。もしゴールドやジェムの余裕がそこまでない方は、イベントに最小限参加する、という程度でも良いでしょう。

スポンサーリンク

イベントの進め方:イベントを開く

「JUMPSTART: Historic Horizons」のイベントですが、時期とモード次第では、ホーム画面にイベントが表示されていない場合があります。その場合は、右下の「プレイ」からイベントを見つけてくださいね!

スポンサーリンク

イベントの進め方:パックを選ぶ

さて、いよいよ「JUMPSTART: Historic Horizons」のイベントをはじめましょう!まず注意として「必ずゴールドで参加する」ことをオススメします!いつものリミテッドのイベントの参加費と比べた場合に、ジェムの参加費が少し割高になっているためです。

参加費が1,500ジェム/10,000ゴールドの通常のプレミアドラフトと比較すれば、ジェムの価格は、300ジェムが妥当な気がします!

おそらく、通常のパック1個当たりの値段が200ジェム/1,000ゴールドなので、パック2個分の値段が参加費になっていると思われます。

参加すると、1個目のテーマパックを選ぶ画面に遷移します。46個のテーマパックの中から、3個がランダムに提示されますので、ここから1つ選びます。このテーマパックごとに含まれるカードが決まっています。もしテーマパックの中身を詳細に確認したい場合は、公式ページにリストがありますのでそちらで確認して下さい!

なお、出現するテーマパックの確率はすべて同じですが、必ず最低1つはまだ選んだことのないパックが出現する仕様になっています。(全部コンプリートしている方以外!)そのため、カードを満遍なく集めたいプレイヤーにとっては有り難い仕様になっているといえます。逆に同じカードを4枚集めたい(同じテーマパックを何回も選びたい)プレイヤーにとってはデメリットな仕様といえますね。



1個目のパックを選んだら、次は2個目を選びます。「色の組み合わせ」とか「デッキリスト同士の相性」とか「単色にするか2色にするか」、色々考える余地はたくさんありますが、基本的には「欲しいカードが含まれるテーマパックを選ぶ」のが良いと思います!また、パックには神話カードが含まれている場合もあります。それを狙うのも良いでしょう!

なお、2個目のパックは1個目に選択したテーマによって決定され、デッキが3色以上になることは無い、という仕様があります(例外で5色のスリヴァーテーマがあります!)。 例えば1個目に単色のテーマを選択した場合、2個目には単色のテーマ、または1個目に選択した色を含む2色のテーマが提示されます。逆に、1個目に2色のテーマを選択した場合、2個目にはその2色どちらかの単色テーマ、または同じ2色のテーマが提示されます。

2個のパックを選び終わったら、デッキの中身を確認しておきましょう。ただし、「カードを入れ替えたり、土地枚数を調整することはできません。」ので、本当に中身の確認だけです!画面の通り、サイドボードも一切ありません。

熊 テヨ…

スポンサーリンク

イベントの進め方:プレイする

デッキの確認が終わったら早速プレイしましょう!前述した通り、何回負けても勝つまでプレイできますから気軽にプレイできますよ。このイベントのプレイでも、デイリー勝利報酬や、デイリークエストは進行しますので、デイリー消化として利用しても良いかも知れませんね。なお、JUMPSTARTのプレイや勝敗によってリミテッドのランクや、構築のランクは変動しません。

対戦相手が決まったら、後はいつも通りです。ただ1点だけ、1回のフリーマリガンが許可されています!そのため、マリガンはいつもよりも気軽に行えますね。見逃さないようにして下さい!

2回目以降のマリガンは、いつも通りになります。プレイ自体は通常の対戦と同様ですので、割愛します。

プレイを何度か行い、2勝して報酬を全て手に入れるまでプレイし続けましょう!同じ日に2勝する必要もありませんので、次の日に持ち越しても全然OKです。

2勝して全ての報酬を手に入れたら、報酬の観点では、それ以上プレイする必要はありません。デッキが気に入ったらずっとプレイしても良いですし、デイリークエストの消化用に残しておく、というのもアリです。

次の新しいイベントを始めたいときは、画面中央下の「棄権」をクリックすることで、参加中のイベントから抜けることができます。間違っても2勝して報酬を受取る前に「棄権」することのないよう、注意してください!

棄権を行うことで最初の画面に戻ります。以上で終了です!続ける場合、改めて参加費を払って、次のイベントにまた参加しましょう!もしテーマパックのコンプリートを目指している方は、かなりの回数プレイする必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

テーマパックの中身はこちら

テーマパックの中身は、以下のマジック公式ページから確認できます。また、一部のデッキリストには神話カードが含まれています。そちらもチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

「JUMPSTART: Historic Horizons」のカードリストはこちら

1個1個のテーマデッキは公式ページから参照できますが、「JUMPSTART: Historic Horizons に収録されているカードの一覧が見たい」、「レアカードの一覧が見たい」などの場合は確認するのが大変かと思います。その場合は、当サイトのカードリストを利用いただければと思います!

JUMPSTARTはカードデータ的に英語のカード画像しか存在しておらず、当サイトのカードリストも英語版の画像となっています。もし日本語の画像を確認したい場合には、MTGアリーナのデッキ編集画面などで、JUMPSTARTのカード一覧をご確認いただければと思います!

コメントする

  1. テーマパックの中身のリンク先はヒストリックホライゾンじゃなくて、以前のジャンプスタートのではないでしょうか?

    • 大変失礼しました。記載頂いた通りでしたので、リンク先をヒストリックホライゾンに更新いたしました。
      ご連絡ありがとうございました!