【ドラフト/シールド】初心者のためのリミテッド攻略「サンダー・ジャンクションの無法者」をリリースしました!メカニズム解説やアーキタイプの紹介を行っています。
スポンサーリンク

フォーマットってなに?オススメは?

MTG全般
マジック:ザ・ギャザリング サンダー・ジャンクションの無法者 プレイ・ブースター 日本語版 MTG トレカ ウィザーズ・オブ・ザ・コースト OTJ D32601400
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥19,256(2024/04/14 01:23時点)
暴れ馬と荒野を駆けろ――大胆不敵な強盗を計画する、オーコ率いる命知らずの連中に加ろう。マジック初の西部劇をテーマにした舞台サンダー・ジャンクションの開拓世界をお楽しみください。
スポンサーリンク

フォーマットってなに?

フォーマットとは、利用可能なカードの種類(カードプール)や、デッキ枚数の取り決めのことです。マジックでは、ブースターパックから出たカードをそのまま利用するシールドドラフトや、全てのカードが利用可能なレガシーや、約2年間の最新パックが利用可能なスタンダード、レアカードが利用不可なパウパーなどさまざまなフォーマットが用意されています。この記事では、紙のマジックと、MTGアリーナの両方に実装されている基本的なフォーマットを解説していきます!

紙のマジックと、MTGアリーナとでは存在するフォーマットが多少異なります。両方に存在するフォーマットであれば、ルールは同一です。

スポンサーリンク

フォーマットは、構築とリミテッドの2種類に分類される

構築 Construction

構築とは、名前の通り好きなカードを組み合わせてオリジナルで構築したデッキで戦うフォーマットです。構築フォーマットには数多くの種類があり、約10種類も存在します。各構築のルールは本ブログでは扱っていませんが、興味がある方は公式ページを参考にして下さい。

リミテッド Limited

リミテッドとは、パックから開けたカードのみでデッキを構築するフォーマットです。上記の構築フォーマットと異なり、レアリティの低いカードが中心のデッキとなります。そのため、構築とリミテッドでは、デッキに入れるカードや、同じカードでも強さが全く異なります。MTGアリーナでは、リミテッドをこなしながらブースターパックを開けて、カードを集めることが効率的で、個人的にオススメです。ちなみに、私は構築よりもリミテッドが断然好きなプレイヤーです!

リミテッドには、6パックからデッキを構築するシールド3パックを8人でピックしてデッキを構築するドラフトの2種類があります。簡単な比較を以下の表にまとめています。

項目シールド ドラフト
デッキ枚数40枚以上=40枚以上
パック数6>3
神話/レアカードの枚数多い>少ない
運要素高め>普通
デッキ構築の難しさ普通<難しい
完成デッキの強さ普通<強め
1試合の長さ(ターン数)長め>普通
スポンサーリンク

オススメのフォーマットは?

オススメは、スタンダードシールドです。多くの公式大会やイベントでは、この2つの割合が大きいです。次点で、ドラフトがオススメです。公式大会の上位に上がると、ドラフトが大会に組み込まれていることもあります。また、MTGアリーナではドラフトがカード集めに必須といえるほどの要素になっています。

他にも、構築のパイオニアモダンレガシー統率者戦パウパーなど色々なフォーマットがあります。スタンダードとシールドに慣れてきたら、是非色々なフォーマットも挑戦してみていただければと思います!

コメントする