【新着】初めての方向け、JUMPSTART(ジャンプスタート)の紹介記事を追加!まだの方は是非この機会に!限定基本土地をゲットしよう!
スポンサーリンク

【環境解説】(アーキタイプ)「ウィザーブルーム :黒緑」ストリクスヘイヴン:魔法学院(STX)【MTGアリーナ対応】

MTGアリーナ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラフト/シールド用コンテンツの一覧

本カードセットの点数表をはじめとした、ドラフト/シールド用コンテンツの一覧です。解説編では、点数表から該当テーマのカードを抜粋し、環境を考慮した簡単な解説コメントを記載しています!また、対戦チートシートとは、ドラフトやシールドの対戦中に覚えておくと便利なカードの一覧をまとめたものです。相手の手札を予測して、戦いを有利に進めましょう!

ぜひ、チェックしてみてください!

スポンサーリンク

概要

<早見表>1,2 マナ3,45,67,8
地上クリーチャー強い強い強い強い
飛行クリーチャー弱い弱い(無し)(無し)
除去強い強い普通(無し)
ドロー性能低い
ライフゲイン性能高い
マナフラ対応力普通
テーマ、シナジーライフゲイン
1/1トークン

ウィザーブルームは、黒緑から構成される中速、ミッドレンジ寄りのアーキタイプです。テーマとして、ライフゲインによるシナジーがあり、黒をメインとしたクリーチャー除去に加え、緑をメインとした優秀な地上と、1/1の邪魔者トークンにより、地上の戦場の支配力がもっともあるアーキタイプと言えるでしょう。特徴として除去カードの枚数が最も多く、飛行が最も少ないアーキタイプです。ウィザーブルームの神話カードの強さは破格です。神話をピックできたら、本アーキタイプに寄せていくのも有りですね。

より詳しいに入る前に、ウィザーブルーム用の多色カードについて簡単に確認しておきましょう!次のカードでは、ウィザーブルームのカードを抽出してリスト化しています。神話とレアが気になりますが、ここはリミテッドですので、特にアンコモンとコモンカードについてチェックしましょう!

スポンサーリンク

「ウィザーブルーム :黒緑」の多色カード一覧

文字列での検索、各フィルターが利用可能です。
名前 日/英画像コメントマナ総量レアリティタイプサブタイプ特殊タイプキーワード
ベレドロス・ウィザーブルーム
Beledros Witherbloom
9各アップキープのため、相手のターン開始時からすぐに邪魔者トークンが生成される。地上は邪魔者トークンで埋め尽くされ、相手に飛行が大量にいない限りリミテとしてはGGである。また10点ライフを払うことで、インスタントを構えたり、ドラゴンを出したターンに他のクリーチャーも大量展開するようなことも可能である。総じて強力。

7黒, 緑神話クリーチャーエルダー, ドラゴン伝説飛行
無限性の支配
Harness Infinity
7これ以外のカードをなるべく手札から使い切った後、相手のエンド時に使おう。パーマネントもスペルも全て手札に戻せるため、特に除去カードを使い切った後だと強力であるため、除去カードが大量にあるデッキだと点数はさらに高くなる。

7黒, 緑神話インスタント---
定命の槍
Mortality Spear
7分かりやすい確定除去。クリーチャーだけでなく、土地以外のパーマネントであればなんでも破壊可能。さらに、ライフを得ていれば2マナで起動できる点も意外と使えるシーンが多い。少しトリッキーなシーンとして、「相手が先制攻撃持ちを含む複数のクリーチャーで攻撃してきた場合、さらに自分の場に邪魔者1/1トークンがいる場合、先制攻撃持ちを邪魔者でブロックすることで、先制フェーズで邪魔者が死亡しライフゲインが解決されるので、通常フェーズのダメージ解決前に[定命の槍]を2マナで唱えることが可能」である。覚えておこう。

4黒, 緑アンコモンインスタント---
害獣召喚学
Pest Summoning
6各大学のクリーチャー生成講義スペルの一つ。クリーチャ二体を生成できるのは優秀。トークン、生け贄を利用したいデッキには、講義であることを問わず入れておきたいカードだろう。

[講義カードは+2加点されています]
3黒, 緑コモンソーサリー講義--
血の研究者
Blood Researcher
6ライフゲインするたびに大きくなる威迫持ちクリーチャー。ウィザーブルームには、邪魔者トークンはもちろん、ライフゲインの手段が多いため序盤に置ければかなり強力。威迫と大型クリーチャーの相性は抜群。

3黒, 緑コモンクリーチャー吸血鬼, ドルイド-威迫
選別の儀式
Culling Ritual
52マナ以下のパーマネントのため、マナ総量が0であるトークンも全て破壊される。パーマネントのため、装備品なども破壊可能。状況を選ぶため、使うタイミングには十分注意しよう。

4黒, 緑レアソーサリー---
死に至る醸造
Deadly Brew
5序盤も使えるし、パーマネント回収効果により、終盤に使っても良い使い勝手の良いカード。除去カードとして後半に取っておくプレイヤーも多いが、序盤にさっさと使ってしまうのも全然アリ。自分が何も生け贄にできなければ、単に2マナの除去として働く。自分の戦場にクリーチャーがいる場合、自分の生け贄も強制である点に注意。

2黒, 緑アンコモンソーサリー---
デーモゴスの悲哀喰らい
Daemogoth Woe-Eater
5後半の効果誘発は、自身の効果で生け贄にせずとも誘発する。特に、[害獣の世話]とは相性が良い。相手が除去を構えて自分のアップキープとなったら、自身を生け贄にするのが安定する。(他のクリーチャーを生け贄にした後に、このクリーチャーをインスタントで除去られるとアド損となる。)

4黒, 緑アンコモンクリーチャーデーモン--
詰め込み期間
Cram Session
4.5ライフゲインと履修効果を持つ、コントロール系のカード。2ターン目に使うカードとしても十分。可能ならただ使うのではなく、魔技またはライフゲインのシナジーがある状態で使いたい。

2黒, 緑コモンソーサリー--履修
ウィザーブルームの誓約魔道士
Witherbloom Pledgemage
4.55マナ5/5のスペックはもちろん、ライフゲインの魔技もリミテッドで活躍しやすい。

5黒, 緑コモンクリーチャーツリーフォーク, 邪術師-魔技
ウィザーブルームの初学者
Witherbloom Apprentice
4.5魔技により1点ドレインを行える。ドレイン自体も強いが、基本的にはライフゲインとのシナジー用のカードである。

2黒, 緑アンコモンクリーチャー人間, ドルイド-魔技
ウィザーブルームの命令
Witherbloom Command
4.5基本はモード2とモード3をメインで使うことができる。モード3はこのカードがソーサリーであり、トークンを除くタフネスが1のクリーチャーが少ないため、使える相手は限られてしまう。モード2の対象も、装備品はアンコモンに2つしかなく、全体的に少ないため、宝物トークンを破壊してしまうのも悪くない。モード4は、ライフゲインのシナジーがあれば使える可能性はあるが、効果は控えめ。モード1は土地が勝手に墓地に行くことがあまりないため、切削3に土地が含まれているかの確率になり不安定なので注意。

2黒, 緑レアソーサリー--切削
デーモゴスのタイタン
Daemogoth Titan
4スペックは強力だが、そうそう生け贄を大量には用意するのは難しい。また、相手にインスタントの除去やバウンスがあるとアド損になる可能性が高い。基本的には邪魔者トークンを生け贄にすることになるだろう。このクリーチャーを[害獣の世話]の生け贄コストとすると、邪魔者トークンの数が凄まじいことになる。

4黒, 緑レアクリーチャーデーモン--
魂浸し、ダイナ
Dina, Soul Steeper
4壁の役割をしながら、ライフルーズを支援するいやらしいカード。生け贄の効果は相手の除去をスカす目的で使うと良い。[炎血の発想]に代表される「クリーチャーを対象して、その後履修する」カードは、対象が不適になりスペルが立ち消えると、履修ができなくなる。なお、[エクスタスの隆盛]は墓地のスペルも対象にしている場合は、クリーチャーを生け贄にしても立ち消えないので注意。またアンブロック効果と相性が良いのは明白であり[接続トンネル]とのシナジーは相手に除去がなければゲームが終わる可能性大。

2黒, 緑アンコモンクリーチャードライアド, ドルイド伝説-
害獣の世話
Tend the Pests
4相手の除去に対応して使うのが基本的な使い方になる。問題としては、大量に生成された邪魔者トークンの使いみちが難しいということである。装備品や、飛行クリーチャーとはもちろん相性が良い。

2黒, 緑アンコモンインスタント---
腐りゆくカローク
Moldering Karok
4サイズ的にトランプルはあまり機能しない。ライフゲインを活用するデッキで特に採用したい。なお、トランプルがある場合はブロックをすかされても攻撃が通り、ライフゲインが可能な点を覚えておこう。(ブロックされた後、ブロックされたクリーチャーが除去やバウンス等でいなくなった場合でも、トランプルがある場合は相手プレイヤーにダメージが貫通するので絆魂も機能する)

4黒, 緑コモンクリーチャーゾンビ, クロコダイル-絆魂, トランプル
活力の注入
Infuse with Vitality
4基本的にインスタントの接死付与はブロックで活躍するが、「墓地から戻る」効果によりアタック時に使うようなアグレッシブな使い方もできる。また、単純に相手の除去カードに対応してクリーチャーを守ることもできる。タップ状態で戦場に出る点には注意しよう。

2黒, 緑コモンインスタント---
大急ぎの再誕
Rushed Rebirth
3自分のクリーチャーの除去に対応して使うのが定石だろうが、マナ総量が低いクリーチャーしか出せない点を考えるとほとんど場合、[活力の注入]の方が接死の点でも使いやすい。このカードをより有効に使う方法は2つ。1つ目は、低コストの強力なクリーチャーを持ってくること。例えば、[湿地帯のグロフ]はかなり相性が良い。2つ目は、相手の高コストクリーチャーに使い、除去や戦闘で死亡させることで、デッキから大型クリーチャーを出せるだろう。

2黒, 緑レアインスタント---
スポンサーリンク

「ウィザーブルーム:黒緑」のよくある勝ち筋

<早見表>1,2 マナ3,45,67,8
地上クリーチャー強い強い強い強い
飛行クリーチャー弱い弱い(無し)(無し)
除去強い強い普通(無し)
ドロー性能低い
ライフゲイン性能高い
マナフラ対応力普通
テーマ、シナジーライフゲイン
1/1トークン

ウィザーブルームの勝ち筋は、アーキタイプの早見表を参考に考えれば、「序盤から中盤にかけて優秀な地上クリーチャーを展開し、ライフゲインとクリーチャーの除去を行う」動きが鉄板になります。

地上クリーチャーが優秀なアーキタイプのため、地上クリーチャーを展開しつつ、相手の大型クリーチャーを除去する動きによりテンポをとっていきます。一方で飛行の対策が難しいです。到達クリーチャーの用意はもちろん、絆魂やィザーブルームのカードによるライフゲインで飛行のアタックを実質無効化していくことが必要です。「ライフゲインすると強くなる、マナコストが下がる」カードが多いため、可能な限りライフゲインのシナジーを意識しながらデッキを構築しましょう。

1ターン目

なし

2ターン目

地上のクリーチャーを展開します。

3ターン目

3マナの地上クリーチャーを展開します。地上クリーチャーの展開が最優先です。[[血の研究者]]を素早く展開するのが強い動きとして鉄板です。[[汽水トラッジ]]もウィザーブルームと非常に相性が良く、墓地から再利用できるため、序盤から展開していきたいカードです。

4ターン目

4マナの地上クリーチャーを展開します。やはりここでも地上クリーチャーの展開が最優先です。[[練達の対象主義者]]は到達を持っており、ウィザーブルームでは大事にしたいカードです。

相手の速度が速い場合や、あなたが後攻の場合には4ターン目に除去をする必要があるかもしれません。一例として、[[詰め込み期間]]でライフゲインを行ってから、マナコストを軽減して[[魔道士の決闘]]につなげることで、除去をしながら相手とのライフ差を逆転させられるでしょう。

他には飛行クリーチャーや、4マナの除去を使うことも検討できます。しかし、ウィザーブルームでは飛行クリーチャーが貴重であり、確定除去のカードも可能ならまだ取っておきたいカードです。できる限り地上クリーチャーの展開を行いましょう。

5ターン目

状況次第ではありますが、5マナの地上クリーチャーを展開するのが安定です。しかしこの辺りで4ターン目同様に、相手の速度によって相手クリーチャーを除去する必要が出てきます。もし緑の格闘系の除去と、黒系の確定除去が両方あれば、先に格闘除去を使うことをオススメします。ただ、相手のマナが立っている場合、十分警戒して下さい。

一方でこのあたりで地上クリーチャーが十分であれば、飛行クリーチャーを展開しておくのも良いでしょう。事前に履修により、[[墨獣召喚学]]を手札に加えておくと便利です。

6ターン目

6ターン目の動きも5ターン目同様にさまざまです。[[力戦の発動]]があれば、地上を制圧してしまうのも良いでしょう。

ウィザーブルームでは、この辺りでカードアドバンテージの確保も気にしていきます。[[エクスタスの隆盛]]はそれだけで履修分のアドバンテージを得られます。[[大図書棟の助手]]はアドバンテージこそ得られませんが、飛行クリーチャーの確保と、除去カードをデッキトップに戻すことで土地のドローを防げます。[[死に至る醸造]]は、6ターン以前でも使える場合は使っておきたいカードです。自分の邪魔者トークンを生け贄にすれば、代わりに好きなパーマネントを手札に戻すことができ、カードアドバンテージを得られると言えます。

7ターン目以降

ここまでくると、地上が膠着し始めるターンです。[[湿原のスペクター]]は、貴重な飛行クリーチャーである上に、マナフラッドの対応にも使うこともできる起動効果を持ち、ライフゲインとのシナジーも期待できるカードです。[[血の研究者]]などを成長させて、可能な限り地上を突破する方法を導きましょう。

スポンサーリンク

「ウィザーブルーム:黒緑」のよくある負け筋、苦手なカード

ウィザーブルームでは、地上クリーチャーで相手のライフを削っていく必要がある分、地上の攻撃が通らないと勝つことは難しいです。そのため、「地上の戦いで押されてしまう」と勝ち筋を見つけることが難しいです。

緑のクリーチャーにとって、接死持ちのクリーチャーは天敵です。格闘で除去しづらいという点も辛さに拍車をかけます。ストリクスヘイヴン環境には、接死持ちは上記の2体しかいませんが、いずれも見かけるカードでしょう。

大型の地上クリーチャーがメインのため、黒の確定除去で除去されるのはシンプルに辛い流れです。また、青のバウンスカードでテンポを逆転され、地上戦のテンポを取られてしまうのも負け筋になり得ます。

ウィザーブルームは決して遅いアーキタイプではありませんが、手札次第では地上が膠着し、なかなか相手のライフを削りきれないこともあります。また、カードアドバンテージを取ること自体は得意としていないので、相手のビッグスペルによってアドバンテージをとられることが少なくなく、またその妨害手段をあまり持っていません。

スポンサーリンク

シナジーのある組み合わせ

この2枚のライフゲインシナジーは明白かつ、環境で最強に近いシナジーです。毎ターン、マナコスト無し、インスタントタイミングで+1カウンターが置かれるのはレアカードレベルと言えます。

地上クリーチャーが多く、飛行クリーチャーが少ないアーキタイプでは、飛行付与の装備品や、アンブロックの効果との相性は抜群です。[[微風のブーツ]]は、ウィザーブルームとの相性が最も良い装備品と言えるでしょう。

スポンサーリンク

3色にする場合

ウィザーブルームは中速かつライフゲインのテーマがあり、色拘束の強いカードが少ないため、3色にすることは難しくありません。強力なカードが少ない場合、3色目を採用することを検討しましょう。2色土地の関係上、ウィザーブルーム(黒緑)と組めるのは、基本的にはシルバークイル(白黒)とクアンドリクス(緑青)と言えます。

何と組むべきかは「レアカードがある方の色」となりますが、飛行クリーチャーやカードアドバンテージを取ることが苦手なウィザーブルームとしては、青と組む方が良い場合が多いでしょう。

[[ターナジール・クアンドリクス]]は単体で強いカードですが、1/1の邪魔者トークンと相性が良いカードと言えます。タッチする価値がありすぎます。他にもバウンスカードや、ドローカード、またコモンカードではありますが、[[霜のペテン師]]との相性も抜群です。相手のブロッカーを無力化しながら、自身の飛行でもアタックしにいくことができます。

Image with no description

色事故の防止や、3色目にタッチした色が手札に来ない場合に備えて、[[環境科学]]を1枚必ずサイドボードに用意しておくのは、ストリクスヘイヴンの鉄板戦略と言えます。

スポンサーリンク

他大学の「黒、緑」混成マナカード一覧

色の拘束は少し厳しいものの、他の大学のカードは基本的に採用可能です。

文字列での検索、各フィルターが利用可能です。
名前 日/英画像コメントマナ総量レアリティタイプサブタイプ特殊タイプキーワード
劇的な終焉
Dramatic Finale
9自分のクリーチャーが死亡するたびに、実質3/2の飛行トークンに変換するカード。各ターン1回のみの制限がある。相手のターンでも誘発するため、チャンプブロッカーも飛行3/2に代わり、相手は攻撃することすら難しい。

4黒, 白レアエンチャント---
フラクタル召喚学
Fractal Summoning
6各大学のクリーチャー生成講義スペルの一つ。Xスペルであるために、他の大学と比べてマナレシオが1マナ分重くなっている。リミテッドではマナフラッド(マナが余る状況)が多いため、Xのクリーチャー生成は悪くない。一応、クリーチャーは残らないがX=0でも唱えられる点は覚えておこう。

[講義カードは+2加点されています]
2緑, 青コモンソーサリー講義--
クアンドリクスの誓約魔道士
Quandrix Pledgemage
6魔技のたびに大きくなるクリーチャー。序盤に置ければかなり強力。相手にこれを序盤に置かれたら、早めに除去するか接死で対応したい。

3緑, 青コモンクリーチャーマーフォーク, ドルイド-魔技
墨獣召喚学
Inkling Summoning
6各大学のクリーチャー生成講義スペルの一つ。唯一の飛行である。3マナ2/1飛行は白としては低スペックだが、黒としてはコモン帯では通常のカードによくあるスペックである。

[講義カードは+2加点されています]
3黒, 白コモンソーサリー講義--
エクスタスの隆盛
Rise of Extus
6クリーチャーの追放除去、ついでに墓地のスペルも1枚追放できる。6マナのソーサリーのため除去としては弱い部類だが、履修を利用してアドバンテージを稼ぐことができる点が強力。クリーチャーと墓地のカードを合計2つ対象とするため、クリーチャーに呪禁などを付与されてもこのスペル自体が立ち消えることはなく、ほぼ確実に履修ができる点も良い。

6黒, 白コモンソーサリー--履修
顕現の賢者
Manifestation Sage
6コモンの[生物数学者]の上位互換のようなカード。最速4ターン目に出せれば4/4か5/5くらいのトークンが生成できる可能性はある。履修などで手札を増やしておきたい。逆に後半に引くとあまり活躍が見込めないので注意。

4緑, 青レアクリーチャー人間, ウィザード--
シルバークイルの誓約魔道士
Silverquill Pledgemage
4.5魔技により、飛行か絆魂を持つことができるクリーチャー。魔技を2回誘発すれば、飛行絆魂3/1となり非常に強力。しかし毎ターン魔技を誘発する必要があり、継続はなかなか難しい。相手のターンに魔技を誘発することで、飛行のブロックにも使える。シルバークイルのクリーチャーだが、絆魂のためウィザーブルーム(黒緑)との相性も良い。

3黒, 白コモンクリーチャー吸血鬼, クレリック-魔技
四角の構え
Square Up
3基本のP/Tを4/4に変換する。基本値のため、+1カウンターや装備品、オーラの値、修整効果には影響しない。想定される有効な使い方は、フラクタルトークンへの利用だろう。その場合、もともとが0/0のため、+4/+4修整のような働きをする。

2緑, 青コモンインスタント---
スポンサーリンク

「黒、緑」の単色カードと、無色カード一覧

余裕があれば単色、無色のカードも見直しておきましょう。

文字列での検索、各フィルターが利用可能です。
名前 日/英画像コメントマナ総量レアリティタイプサブタイプ特殊タイプキーワード
オニキス教授
Professor Onyx
8魔技に加えてどの効果も強力だが、相手の場に干渉できる-3の除去が、不安定である。押されている状況でプレイしても次のターンまで生き残れる可能性は低い。一方で押してる場合に出せたら+連打で勝ちだろう。

6神話プレインズウォーカーリリアナ伝説魔技

Valentin, Dean of the Vein // Lisette, Dean of the Root
8ウィザーブルームで特に活躍できるカード。クアンドリクスでも十分活躍できる。このクリーチャー自体のスペックに加えて、ライフゲイン誘発で”自分全ての”クリーチャーの+1カウンターを置き、さらにトランプルを付与する。リミテッドではあまりに強力である。

[点数は表面と裏面で別々です]
1レアクリーチャー人間, ドルイド伝説-
詩人の羽ペン
Poet's Quill
8絆魂と修整が同時にできる装備品はリミテッドで非常に強力。また、コストの軽さや履修の点からも活躍しないことがない。ウィザーブルームデッキの場合、より活躍できる。

2レアアーティファクト装備品-装備, 履修
龍護りの精鋭
Dragonsguard Elite
7[クアンドリクスの誓約魔道士]と同じ効果を持つ2マナのクリーチャー。序盤に展開できれば、これ1枚で勝負が決まる可能性もある。

2レアクリーチャー人間, ドルイド-魔技
マスコット展示会
Mascot Exhibition
7講義カードの中で惟一の神話である。リミテッドにおいては腐る場面がない効果である。無色で講義カードなこともあり、7マナにしては控えめな効果ではあるが、どのデッキにも入る余地があるだろう。

[講義カードは+2加点されています]
7神話ソーサリー講義--

Wandering Archaic // Explore the Vastlands
7相手がスペルを唱えたときに、2マナを追加で払わない限り、そのスペルをコピーできる能力を持つ。スペルの多いストリクスヘイヴン環境では、最速で着地させるとあまりに強力。また、ビックスペルの多いプリズマリ相手に特に相性が良いだろう。裏面のソーサリスペルで使う機会はあまり想定されない。裏面の効果は”各プレイヤー”である。

5レアクリーチャーアバター--

Shaile, Dean of Radiance // Embrose, Dean of Shadow
7まず常駐効果のドロー効果がシンプルに強力である。さらに起動能力は、”相手にも自分にも”対象にできる。簡単にいえばタフネス2以上のクリーチャーを強化でき、タフネスが1のクリーチャーを結果的に破壊することができる。タフネス1のクリーチャーはもちろん、戦闘後にタフネスが1となったクリーチャーも破壊でき、非常に強力である。なお、自分の1/1邪魔者トークンに使えばドローにも変換できる点も覚えておこう。チャンプブロック後に行うのが最も強力。

[点数は表面と裏面で別々です]
2レアクリーチャー人間, 邪術師伝説-

Wandering Archaic // Explore the Vastlands
7[表面を参照]

5レアソーサリー---
神託者の広間
Hall of Oracles
7スペルを唱えたターンのみ起動でき、+1カウンターを配置できる。注意として、自分のターンのソーサリータイミングでしか置けない点に十分注意しよう。コンバットトリックとしては使えない。また、好きな色のマナを出せる強みとして「デッキ以外の色の講義カードが使える」ことが挙げられる。デッキ以外のアンコモンやレアの講義カードをピックしておき、この土地を引いた後、履修から持ってくれば良い。

0レア土地---
セッジムーアの魔女
Sedgemoor Witch
7除去されなければ、地上をトークンで完全に止めることができるだろう。ライフゲインシナジーがある場合、トークンが死亡する前提でアタックするのは全然有り。護法コストは3点ライフのため、ほぼ信用性はない。

3レアクリーチャー人間, 邪術師-魔技, 威迫, 護法
節くれだった教授
Gnarled Professor
7シンプルに強いカードである。5/4のスペックでテンポをとりながら履修を行うことができ、非常に扱いやすい。

4レアクリーチャーツリーフォーク, ドルイド-履修, トランプル

Selfless Glyphweaver // Deadly Vanity
7基本的に、自分のクリーチャー1体を残して他のクリーチャー全てを破壊するカード。1体分かりやすいエンドカードになり得るが、黒の大学での8マナはかなり重い。また相手の場にしかクリーチャーがいない場合は最悪で、相手のクリーチャー1体を選ばなければならない。両面でシルバークイルの色ではあるが、8マナと重いため、ウィザーブルームのデッキでの利用の方が活躍するだろう。ルール的な注意としては、「クリーチャーを選んだあとは、優先権の確認無しに全除去が行われる」ことを覚えておこう。

[点数は表面と裏面で別々です]
3レアソーサリー---
汽水トラッジ
Brackish Trudge
63マナ4/2の強力なスペックに加え、ライフゲインをしていれば、たった2マナ、さらにインスタントタイミングで手札に戻すことができる。特に[草むした拱門]とのシナジーはあまりに強力。

3アンコモンクリーチャーファンガス, ビースト--
創発的配列
Emergent Sequence
6クリーチャー化するため除去されやすい点がデメリットだが、リミテッドではむしろクリーチャー化するのはメリットと言えるだろう。魔技の誘発としても使いやすい。土地を出してからこれを使うことで、+1カウンターが2個乗ることになる。

2アンコモンソーサリー---
魔道士の決闘
Mage Duel
6格闘の除去カードである。+1/+2の修整があり、使いやすい。マナ軽減される可能性もあるため、使うタイミングには注意しよう。

3コモンソーサリー--格闘
成し遂げた錬金術師
Accomplished Alchemist
6ウィザーブルームで特に有効に使えるカード。ビッグマナを出せる可能性があり、特にX呪文とは相性が良いだろう。大学は異なるが、例えば[フラクタル召喚学]である。

4レアクリーチャーエルフ, ドルイド--
魔道士狩りの猛攻
Mage Hunters' Onslaught
6黒の確定除去だが、今作はソーサリーであるため注意しよう。アグロ向けのライフルーズ効果がある。相手クリーチャーのブロック1体につき1点である。止めがさせそうなターンの計算では注意しよう。ソーサリーであるため、シルバークイルなどでは良いのだが、少しコントロール寄りのウィザーブルームの場合等では使いにくいことも少なくない。

4コモンソーサリー---
貪る触手
Devouring Tendrils
6格闘の上位互換の緑の除去カードである。格闘同様に、相手のマナが無いときに使いたい。2マナと軽く、ライフゲインまでついており、かなり強力な除去カードといえる。

2アンコモンソーサリー---

Kianne, Dean of Substance // Imbraham, Dean of Theory
6タップ効果では、土地は手札へ、土地以外は追放する。これだけでも強力。5マナのフラクタルトークン生成能力では、「マナ総量の種類」の分だけ+1カウンターを置く。マナが余ったターンはトークンを、余らないターンはタップ効果を使おう。

[点数は表面と裏面で別々です]
3レアクリーチャーエルフ, ドルイド伝説-

Augmenter Pugilist // Echoing Equation
6クアンドリクスで特に活躍できるカード。終盤に8/8トランプルとなる可能性があるだけで強力。

[点数は表面と裏面で別々です]
3レアクリーチャートロール, ドルイド-トランプル

Valentin, Dean of the Vein // Lisette, Dean of the Root
6絆魂により、ウィザーブルームと相性の良いカード。このクリーチャーがいるだけで、相手のクリーチャーは全て追放される。中盤以降は邪魔者トークンを生成できるタイミングもあるだろう。

[点数は表面と裏面で別々です]
1レアクリーチャー吸血鬼, 邪術師伝説絆魂, 威迫
悪意の熟達
Baleful Mastery
6追放による確定除去である。緊急時でない限りは4マナで使うようにしよう。自ターンの止めのターンなどでは、アグレッシブに2マナで使うことも良い。

4レアインスタント---
封印突破法
Containment Breach
6相手のレア、アンコモンの装備品、エンチャントの対策としてピックしておくと、一部の相手の勝ち筋に対応できる可能性がある。余裕があればピックしておきたい。トークンが出せる場面も少なくない。

[講義カードは+2加点されています]
3アンコモンソーサリー講義--

Pestilent Cauldron // Restorative Burst
6ウィザーブルームと相性の良いカード。ディスカードで1/1トークンを生成できる起動能力が最も使いやすいだろう。後半はドローも可能。また、切削によりライブラリアウトを狙うことも可能な場合もあるだろう。ドロー効果では、どちらか1つの墓地から4枚である点に注意しよう。切削効果は、ライフゲインに応じるため相手のエンド時よりも自分のターンに使うべき機会が多いかもしれない。ロアホールドなど、墓地を利用する相手の場合の切削や、墓地追放には十分気をつけたい。

[点数は表面と裏面で別々です]
3レアアーティファクト--切削
殲滅学入門
Introduction to Annihilation
6講義に必ず1枚入れておきたいカード。逆に3枚以上は不要だろう。コモンで5マナのパーマネント追放という破格な性能の代わりに、相手に1ドローをさせてしまうカード。クリーチャー除去のないデッキはもちろん、クリーチャー除去のあるデッキでもパーマネント用の除去としてサイドボードにあると安心できる。相手にドローさせてしまう点で、防御的な使い方には適していない。攻め手として使いたい。レアカードが対象の除去であればもちろんいつでも使おう。

[講義カードは+2加点されています]
5コモンソーサリー講義--
壊死放出法
Necrotic Fumes
6履修カードの除去カードの中で最も使いやすいと言えるカード。この手のカードはいつもなら1マナ程度であるため、メインに入れるのは基本的には避けたい。追加コストの自クリーチャーも追放であるため、邪魔者トークンなどの死亡誘発は使えないので注意。

[講義カードは+2加点されています]
3アンコモンソーサリー講義--
落第
Flunk
62ターン目含む序盤から終盤までも使える点で評価が高い。相手のクリーチャーを除去する際、枚数は”相手の手札”の枚数である点に注意。例えば相手の手札が5枚なら-2/-2、手札が2枚なら-5/-5である。相手はこのカードに対応してインスタント、瞬足カードを唱えることで修正値を抑えることができる。

2アンコモンインスタント---
環境科学
Environmental Sciences
6必ず1枚は確保したい講義カード。3色デッキの色確保としてだけでなく、土地事故の防止や、プリズマリやクアンドリクスのマナや土地を多く必要とする色を問わず活躍できる。逆に、2枚以上の確保はそこまで必要がない。1ゲーム中にこのカードを2回履修する状況はあまり想定されない。なお、ライフゲインシナジー目的でウィザーブルームで複数採用するのは有り。

[講義カードは+2加点されています]
2コモンソーサリー講義--

Blex, Vexing Pest // Search for Blex
6ロードの効果(+1/+1修整)に加えて、死亡時にライフゲイン効果を持つ。ロード効果は主に邪魔者トークン用と考えて良いだろう。

[点数は表面と裏面で別々です]
3神話クリーチャー邪魔者伝説-
本のワーム
Bookwurm
6緑によくある大型ワームだが、今回はETB(CIP)のライフゲインとドローをつけて8マナクリーチャーで登場。トランプルまである。終盤はこれ1回を繰り返し使うことでゲームが終わるだろう。8マナなので加速して召喚を支援したい。起動効果があるため、序盤にひいたら墓地に捨ててしまうのも有り。コツとして、相手のエンド時にマナがないがこのカードが墓地にある場合、「アップキープ時(ドロー前)に墓地から起動効果を使うことで、1ターンこのカードのドローを早められる」点は覚えておこう。

8アンコモンクリーチャーワーム-トランプル
ロアホールドの学舎
Lorehold Campus
52色占術ランドは可能ならデッキに1枚以上は採用したい。占術は、基本的には相手のエンド時に使う。一方で終盤であれば、”自分のアップキープの前”に使うこともできる。覚えておこう。MTGアリーナではデフォルトではアップキープフェーズはスキップされるので、フルコントロールモードにするか、アップキープフェイズで一度フェイズをストップしよう。

0コモン土地--占術
湿原のスペクター
Specter of the Fens
5基本的な黒の飛行クリーチャーのスペックに加えて、6マナで2点ドレイン効果を持つ。地上を膠着させたり、トークンでチャンプブロックしながら、飛行クリーチャーと起動能力で勝負を決める戦術は強力だろう。飛行が貴重なウィザーブルームでは特に重要な4マナ帯と言える。

4コモンクリーチャースペクター-飛行
プリズマリの学舎
Prismari Campus
52色占術ランドは可能ならデッキに1枚以上は採用したい。占術は、基本的には相手のエンド時に使う。一方で終盤であれば、”自分のアップキープの前”に使うこともできる。覚えておこう。MTGアリーナではデフォルトではアップキープフェーズはスキップされるので、フルコントロールモードにするか、アップキープフェイズで一度フェイズをストップしよう。

0コモン土地--占術
クアンドリクスの学舎
Quandrix Campus
52色占術ランドは可能ならデッキに1枚以上は採用したい。占術は、基本的には相手のエンド時に使う。一方で終盤であれば、”自分のアップキープの前”に使うこともできる。覚えておこう。MTGアリーナではデフォルトではアップキープフェーズはスキップされるので、フルコントロールモードにするか、アップキープフェイズで一度フェイズをストップしよう。

0コモン土地--占術
シルバークイルの学舎
Silverquill Campus
52色占術ランドは可能ならデッキに1枚以上は採用したい。占術は、基本的には相手のエンド時に使う。一方で終盤であれば、”自分のアップキープの前”に使うこともできる。覚えておこう。MTGアリーナではデフォルトではアップキープフェーズはスキップされるので、フルコントロールモードにするか、アップキープフェイズで一度フェイズをストップしよう。

0コモン土地--占術
草むした拱門
Overgrown Arch
5壁としての役割に加え、毎ターン1点ゲインができ、必要ならチャンプブロックしながら履修が行えるかなり強力なカード。どのデッキでも採用できるが、特にウィザーブルームのライフゲインシナジーとの相性は凶悪といえるレベル。[血の研究者]と、[汽水トラッジ]と相性が抜群。また、[優等生トロール]がいえば毎ターン2点ゲインできる。

2アンコモンクリーチャー植物, 壁-防衛, 履修
チームのペナント
Team Pennant
5トークンだと1マナで装備できる装備品。警戒とトランプルがつく点から、クアンドリクスと最も相性が良いと言える。4/4エレメンタルトークンとの相性も良い。大学を問わず有効に使うことができる。

1アンコモンアーティファクト装備品-装備
使役学基礎
Basic Conjuration
5クリーチャー主体のリミテッドでは、ストリクスヘイヴンでも6枚中1枚はクリーチャーが含まれているだろう。3点ゲインもウィザーブルームはもちろん、ドロー系のスペルとしては相性が良い。

[講義カードは+2加点されています]
3レアソーサリー講義--
無神経な血魔道士
Callous Bloodmage
5モードの選択は完全に状況次第である。一般的には1ドローが安定するだろう。

3レアクリーチャー吸血鬼, 邪術師--
検体探し
Hunt for Specimens
52マナで1/1邪魔者トークンを生成し、さらに履修ができるカード。また魔技の誘発にも気軽に使うことができ、汎用性が非常に高い。

2コモンソーサリー--履修
悪意の打ちつけ
Lash of Malice
5インスタントタイミングのタフネスが2以下のクリーチャーの除去として考えよう。システムクリーチャーが多いため、活躍できないことはないだろう。自分のクリーチャーに使える場面も多少はあるだろう。(ラストターンで、アタックが通ったクリーチャーに使い止めを刺す、など)

1コモンインスタント---
オリークの伝承魔道士
Oriq Loremage
5スペルを墓地に送ることで強化されるクリーチャー。+1カウンターを置く必要がない、または墓地に送りたいスペルがない場合には[不本意な材料]、[汽水トラッジ]など墓地で起動できる効果を持ったカードを墓地へ送ろう。それ以外では、土地を送ってデッキを圧縮するのが良い。

4レアクリーチャー人間, 邪術師--
指数関数的成長
Exponential Growth
54マナで2倍、6マナで4倍になる。基本的に、トランプルや飛行持ちに6マナで使いたいカード。一気に逆転できる可能性が高い。

2レアソーサリー---
ひきつり目
Eyetwitch
5飛行2/1トークンや、[滝の曲芸師]などのタフネスが1の飛行クリーチャーは少なくない。ブロッカーとして使うが基本だが、除去されても良い的として+1カウンターで強化するのも良いだろう。生け贄のコストとして使うのも有り。

1アンコモンクリーチャー眼, コウモリ-飛行, 履修
練達の対称主義者
Master Symmetrist
5到達を持っていることを忘れがちなので注意。4マナ4/4のスペックに加えて、攻撃時のトランプル支援、さらに到達により飛行対策もできる。緑なら何枚でも欲しいカードといえる。なお、一度アタック時にトランプルを付与されれば、そのあとにP/Tが変化してもトランプルはついたままである。

4アンコモンクリーチャーサイ, ドルイド-到達
予言学入門
Introduction to Prophecy
5青の2マナインスタントでよくある効果である。魔技の誘発で使いやすい。履修としては終盤に手札に加えたいカードといえるかもしれない。

[講義カードは+2加点されています]
3コモンソーサリー講義-占術
反射するゴーレム
Reflective Golem
53マナ2/3の最低限のスペックに加えて、自分を対象としたスペルをコピーする非常に強力な効果を持つ。注意として、誘発条件は[反射するゴーレム]”1体のみ”を対象とした場合だけである。+1カウンターを置く系のスペルとの相性が抜群。白、黒、赤との相性が特に良い。一番は白の[導きの声]である。+1カウンターに加えて、履修を2回行える点があまりに強力。

3アンコモンアーティファクト, クリーチャーゴーレム--
拡張解剖学
Expanded Anatomy
5講義カードとして、3マナで+1カウンターを2個おけるのはなかなか強力。魔技の誘発にも利用しやすい。+1カウンターを利用するデッキだけでなく、全てのデッキに採用が可能だろう。

[講義カードは+2加点されています]
3コモンソーサリー講義--
陰影のフェイント
Umbral Juke
5攻めにも守りにも使える2つのモードを持つ使い勝手の良いカード。相手のアーキタイプや状況によって使うモードを選ぼう。基本的にはモード1の除去で使う方がお得。

3アンコモンインスタント---
ウィザーブルームの学舎
Witherbloom Campus
52色占術ランドは可能ならデッキに1枚以上は採用したい。占術は、基本的には相手のエンド時に使う。一方で終盤であれば、”自分のアップキープの前”に使うこともできる。覚えておこう。MTGアリーナではデフォルトではアップキープフェーズはスキップされるので、フルコントロールモードにするか、アップキープフェイズで一度フェイズをストップしよう。

0コモン土地--占術
カロークの世話人
Karok Wrangler
4.5分かりやすい魔技効果である。カウンターは自分だけではなく、他の自分のクリーチャーに配置できる。強いのだが、5マナ3/3でもとのスペックが低い点と、赤の除去ですら除去されてしまう点がある。また5マナ以降に魔技を何回も誘発させるのは難しい。5ターン最速で出せると非常に強力なのは明白。

5アンコモンクリーチャーエルフ, ドルイド-魔技
優等生トロール
Honor Troll
4.5ライフを得る値を+1するカード。2/3警戒のスペックも悪くない。ライフが25点以上で+2/+1の修正を受け、4/4警戒という破格のスペックになるが、これは先行でない限りはなかなか難しいかもしれない。注意として、「戦闘ダメージの解決時、相手に先制攻撃(二段攻撃)持ちがいてブロックしなかった場合、先制フェーズでライフダメージを受ける。それによりライフが24点以下になった場合は、その時点でこのクリーチャーは2/3に戻り、通常フェーズの戦闘ダメージ解決時には2/3で計算される。」ことは覚えておこう。

3アンコモンクリーチャートロール, ドルイド-警戒
獣魔術の教授
Professor of Zoomancy
4.54マナ4/3のスペックに加えて、トークンまで生成可能な優良クリーチャーである。優先してピックしたい。蛇足だがこの熊は女性らしい。

4コモンクリーチャー熊, ドルイド--
ヒルの狂信者
Leech Fanatic
4.5自分のターンにのみ絆魂を持つ。ライフゲインのシナジーはもちろんだが、シナジーなくとも普通に採用できる2マナの基本となるクリーチャーである。+1カウンターを置く機会の多い本環境では絆魂クリーチャーはいつもより強力。

2コモンクリーチャー人間, 邪術師--
無謀な増強術師
Reckless Amplimancer
4.5基本、5マナで4/4になるクリーチャー。10マナで8/8までいく。カウンターや装備品などと相性が良い。

2コモンクリーチャーエルフ, ドルイド--
スカーリドの群棲
Scurrid Colony
4.52マナ2/2に加えて、到達を持つ。序盤はアタックに、中盤以降は飛行のブロックに使うことができ、汎用性が高い。終盤まで生き残れば+2/+2修整の可能性も見込める。

2コモンクリーチャーリス-到達
凍沸の交錯
Frostboil Snarl
4.5コモンの2色土地に比べると、占術の起動効果がないがアンタップインできる可能性がある。

0レア土地---
怒静の交錯
Furycalm Snarl
4.5コモンの2色土地に比べると、占術の起動効果がないがアンタップインできる可能性がある。

0レア土地---
屍花の交錯
Necroblossom Snarl
4.5コモンの2色土地に比べると、占術の起動効果がないがアンタップインできる可能性がある。

0レア土地---
光影の交錯
Shineshadow Snarl
4.5コモンの2色土地に比べると、占術の起動効果がないがアンタップインできる可能性がある。

0レア土地---
蔦明の交錯
Vineglimmer Snarl
4.5コモンの2色土地に比べると、占術の起動効果がないがアンタップインできる可能性がある。

0レア土地---
接続トンネル
Access Tunnel
4.5終盤、拮抗した場面で活躍する。3色デッキでは採用は要検討である。アンブロックは、特に絆魂持ちがいると非常に強力。[戦闘学の教授]がいる場合は、パワー修正を受ける前にアンブロック化しておくのが良いだろう。また「アンブロック化した後であれば、パワーを強化しても良い」ので、[魂浸し、ダイナ]との相性も良い。

0アンコモン土地---
アーチ道の公共地
Archway Commons
4.5デッキの多色化はもちろん、全ての色の講義カードが使えるようになる、と考えると本環境での全色土地は価値が高い。好きなマナを出せる点は強いが、テンポロスは大きい。1ターン目に出せない点は非常に大きなデメリットである。もし採用する場合でも、枚数は1,2枚程度に抑えたい。

0コモン土地---
微風のブーツ
Zephyr Boots
4.5飛行を付与する装備品。飛行の少ないデッキや、アグレッシブなデッキで特に活躍する。後半にマナが余りがちかつ攻撃的なシルバークイルや、飛行の少ないウィザーブルーム、大型クリーチャを飛ばしたいクアンドリクスでの採用が見込まれる。このように多くの大学で採用可能だが、もともと飛行の多いデッキ、地上が弱めのプリズマリ大学にはあまり採用する見込みはないだろう。

1アンコモンアーティファクト装備品-装備
終身書唱師
Tenured Inkcaster
4.5攻めている場合にはかなり強力な効果である。ライフゲインにより多少守りの場合にも有効に働く。シルバークイルにもウィザーブルームにもどちらにも相性が良い効果である。

5アンコモンクリーチャー吸血鬼, 邪術師--

Pestilent Cauldron // Restorative Burst
4基本的にクリーチャー2体を戻す運用になるだろう。4点ゲインがあるため、テンポが遅れる分をカバーしやすい。ただ、5マナのソーサリーは少し重い。強いクリーチャーを使い切った、終盤に活躍できるだろう。なお4点ゲインは相手も含むため、相手がクアンドリクスの場合は注意したい。

[点数は表面と裏面で別々です]
3レアソーサリー---
騒々しい写本、コーディ
Codie, Vociferous Codex
4パーマネント呪文が唱えられないリミテッドに勝ち目はない!!!しかし、除去の多いデッキなら話は別である。コーディの他に除去が手札にある場合、かなり強力に働く。ただその後の展開は履修からの召喚術がないと難しい。履修から召喚術でアドバンテージを稼ぎ、手札が整ったらこれを[殲滅学入門]の対象にして退場させれば、おまけで1ドローもできる。相手に手札がある状態や、序盤にコーディを出された場合は、必ず最速で除去しよう。

3レアアーティファクト, クリーチャー構築物伝説-
生態学的な理解
Ecological Appreciation
4相手が選択するため、状況によっては全く役に立たない場合がある(飛行で押されいる場合などは、地上クリーチャーを選択される可能性大、など)。ライブラリと墓地から選択可能なため、その点は使いやすい。

3神話ソーサリー---
呪文の鞄
Spell Satchel
4リミテッドでの魔技の誘発も少なくないが、序盤にスペルを使う機会はあまり多くない。マナの加速に最も使いたい序盤に使いづらい点が難しい。プリズマリなど、ビッグスペルを使うデッキには採用の余地がある。

2アンコモンアーティファクト--魔技
力線の発動
Leyline Invocation
4基本的には、6マナ6/6のクリーチャーと考えて良いだろう。+1カウンターとのシナジーがあればなお良い。

6コモンソーサリー---
絡み罠
Tangletrap
4今作では、「コモン帯の装備品」が存在せず、アーティファクトを破壊したい場面は少ない。飛行の対処が難しいデッキの場合は採用が検討できる。

2コモンインスタント---
大技
Big Play
4結論、唱えたターンは対象に「+3/+3と到達」を付与できるカードである。+1カウンターが1個残るため、ついでにカウンターシナジーも考えられる。

2コモンインスタント---
湿地帯のグロフ
Bayou Groff
42マナ5/4に目がいきがちだが、まずこのカードは基本的に「5マナ5/4」のクリーチャーである。プラス、運がよければ2マナ5/4で着地できる可能性がある、と考えよう。緑でもあるため、邪魔者トークンを生け贄にして2マナで唱えることが強力な動きだろう。また生け贄は「唱える際に」あり、このカードが戦場に出る前に、クリーチャーを生け贄に捧げる必要がある。(よくあるような戦場に出たときに生け贄クリーチャーを選ぶ、のではない)

2コモンクリーチャー植物, 犬--
春たてがみのサーヴィン
Springmane Cervin
4基本的なスペックに、ライフゲインのシナジーの活用も考えられる。3/2のスペックは2マナと相打ちをとられやすい点には注意。

3コモンクリーチャー大鹿--
合格通知
Letter of Acceptance
43色デッキはもちろん、2色デッキの加速としてももちろん使うことができる。また終盤は2マナでドローに変換できるため、腐る場面が少ない。

3コモンアーティファクト---
現地調査
Field Trip
4土地加速しながら履修ができるカード。3ターンに使った場合は、次のターンに5マナを展開できる。そのため、5マナの履修カード[精霊召喚学]等との相性は良いといえる。

3コモンソーサリー--履修
魔道士狩り
Mage Hunter
4黒、白、緑の4マナ帯は強力なコモンカードが多く、このカードよりも優先すべきカードは少なくない。効果自体は強力だが、他の4マナカードとのバランスを考えよう。

4アンコモンクリーチャーホラー--
不本意な材料
Unwilling Ingredient
4墓地にいる場合に、3マナでドローに変換できる。インスタントタイミングで起動可能なため、使いやすい。戦場に出して生け贄のタネとして使うのはもちろんだが、履修でこのカードを捨てる動きが強力だろう。

1コモンクリーチャーカエル-威迫
教授の警告
Professor's Warning
4カウンターまたは破壊不能の付与を選べる1マナのインスタント。汎用性が高い。基本的には破壊不能で使う方がアドバンテージがとれることが多い。

1コモンインスタント---
突っ走り
Charge Through
4トランプル目的より、魔技の誘発のために採用することが想定される。

1コモンインスタント---
本質の注入
Essence Infusion
42個の+1カウンターと、1ターンだけ絆魂を付与するカード。これ単体ではなく、+1カウンターまたはライフゲインとのシナジーを考えて採用しよう。

2コモンソーサリー---
有望な薄暮魔道士
Promising Duskmage
4カウンターを置くカードがあれば、優先してこのカードに配置したい。

3コモンクリーチャー人間, 邪術師--
構内ガイド
Campus Guide
4スペックは悪いが、序盤に引けるとマナ基盤が非常に安定する。3色デッキでの採用だけではなく、2色デッキでも採用できる。他に優秀な2マナが多ければそちらに譲ろう。

2コモンアーティファクト, クリーチャーゴーレム--
新米解剖者
Novice Dissector
4生け贄で自身を強化する効果があるが、ソーサリータイミングのため使いづらい。邪魔者トークンなど、死亡で誘発するカードとのシナジーでの採用を検討しよう。

4コモンクリーチャートロール, 邪術師--
激しい落胆
Crushing Disappointment
4使いやすいドローカード。ドローカードのため、魔技の誘発のためでもタイミングを選ばず使うことができる。

4コモンインスタント---
大図書棟
The Biblioplex
4終盤に手札が0枚になることは少なくない。2色デッキであれば入れておくと活躍できる試合はあるだろう。ちなみに最後の1枚がドローカードの場合、唱えた後~解決する前は手札が0枚のため、このカードの起動効果を使うことができる。

0レア土地---
籠城用投薬
Fortifying Draught
4最低、+2/+2修正を得ることができる。[血の研究者]との相性は抜群。[ウィザーブルームの初学者]や、[ウィザーブルームの誓約魔道士]がいると+3/+3は確定する。しかし、戦闘前(戦闘ダメージ解決前)に大きなライフゲインが発生する場面は以外と少なく、大幅な強化はなかなか狙いづらい。

1アンコモンインスタント---
禁忌の調査
Plumb the Forbidden
4相手の除去に対応して使うのが基本的な使い方になる。場の魔技クリーチャー次第だが、終盤クリーチャーが並んでいるときに使えば、凄まじい回数の魔技を誘発でき勝利に繋げられる可能性がある。

2アンコモンインスタント---
真っ白
Go Blank
4[精神腐敗]に墓地追放効果がついてアンコモン化したカード。本環境では、墓地を参照するカードが多いため墓地追放はなかなか有効。ただし相手が履修済みの場合、手札が多くディスカードがあまり効果的ではないことが多い。使うタイミングは注意したい。

3アンコモンソーサリー---
尊大な詩人
Arrogant Poet
4アタック時のみにライフを支払って飛行を付与できるカード。使えない場面もあるとは思うが、基本的な2マナの性能はある。

2コモンクリーチャー人間, 邪術師--
大図書棟の助手
Biblioplex Assistant
4除去や、強力なスペルが多いデッキでは特に活躍できる。序盤にはあまり出したくないカード。大型スペルを使うプリズマリとの相性はもちろん、除去カードやドローカードの使いまわしなど使い方はさまざま。デッキに1枚入れておくと思うよりも活躍するだろう。

4コモンアーティファクト, クリーチャーガーゴイル-飛行
発掘された壁
Excavated Wall
3切削を持つ壁である。墓地を利用するようなロアホールドとの相性は悪くないが、地上クリーチャーが弱いプリズマリとの相性の方が良いだろう。2マナ以下のクリーチャーが少ない場合、長期戦を望むデッキでは採用が検討できる。

1コモンアーティファクト, クリーチャー-防衛, 切削
ストリクスヘイヴンの競技場
Strixhaven Stadium
3生み出せるマナが無色のため扱いづらい。低マナの飛行クリーチャーが多ければ、特殊勝利を狙える可能性はあるが不安定。

3レアアーティファクト---
有刺カローク
Spined Karok
32/4のスペックは良いが、警戒がなくアタックしに行きづらい。ミッドレンジを狙う遅めのデッキに特に相性が良いだろう。

3コモンクリーチャークロコダイル--
過去対面法
Confront the Past
3プレインズウォーカーのみの対象のため、リミテッドでの活躍は難しい。講義カードのため、「とりあえずピックしておいて、必要な相手なら履修で持ってくる」動きがとれるので、ピックすること自体は有り。

[講義カードは+2加点されています]
1レアソーサリー講義--
新緑の熟達
Verdant Mastery
3クアンドリクス専用のカードだろう。6マナで唱えたら2枚の土地をタップで戦場に出し、2枚を手札に加える。4マナなら、2枚の土地をタップで戦場に出し、1枚を手札に加え、1枚は相手に土地をタップで与える。このシリーズでは、代替コストの4マナで使うことも十分に視野に入れられる。しかし、コモンの[現地調査]の方が履修もあり3マナで圧倒的に使いやすい。

6レアソーサリー---
歯車の文書管理人
Cogwork Archivist
3相手の飛行クリーチャーに対応できないようなデッキに入れることが想定される。また、起動効果を使うことで「墓地からのカード回収」など色々な墓地利用を妨害することができる。かなり限定的だが、自分に使うことで、「ライブラリアウトによる負け」を防ぐことも可能。自分への切削を頻繁に行うようなロアホールドとの相性は少し良いといえるかもしれない。

6コモンアーティファクト, クリーチャー構築物-到達

Blex, Vexing Pest // Search for Blex
3ライフに余裕があり拮抗している場面では強力だが、それ以外ではライフルーズが厳しい。コモンの黒にインスタントで4マナ2ドロー2点ルーズが存在するため、このカードの価値を出すなら2枚以上はドローしたい。5枚めくれる点は優秀である。

[点数は表面と裏面で別々です]
3神話ソーサリー---

Jadzi, Oracle of Arcavios // Journey to the Oracle
28マナまで到達していたら、このカード手札に戻して次のターンに表面の[ジャズィ]を唱えられるというコンセプトである。これ単体では効果が控えめすぎて使い時が難しい。

[点数は表面と裏面で別々です]
8神話ソーサリー---
スポンサーリンク

全カードの点数表を参照したい方はこちらから!

こちらが全カードの点数表になりますので、全カードを閲覧したい方はこちらへどうぞ!

もし他のアーキタイプも確認したい方は、ドラフト/シールド用コンテンツの一覧、へ戻ってご確認下さい。

それでは、ストリクスヘイヴンをお楽しみください!

コメントする